2011年07月18日

岐阜戦

女子ワールドカップ優勝!!!

は本当に、とっても、歴史的な出来事で、すっごくうれしいのですが、まずは順番に・・・というわけで岐阜戦のことを。昨日は朝からコパアメリカのアルゼンチン−ウルグアイ、夜にFC東京−FC岐阜、短時間睡眠のち早朝に女子W杯決勝、と一日サッカー漬けでした。ほぼTVに張り付いてたわけだけど、充実した一日であったのこと。そして今日は出勤でした・・・(涙)。

岐阜戦ですが、まずはルーカス復活!お帰り!
今後も昨日みたいにスーパーサブ的な役割で効いてほしいな、というのが願望です。羽生さんも調子いいし、勝っている以上はよっぽどのことがない限りメンバー替えないだろうし、スタメンは当分ないかなと。ゆくゆくはセザーとのコンビも観てみたいです。
試合は、前半は「さすがに10バックを崩すのは大変か・・・」とちょっと心配しながら観ていましたが、徳永のまるでFWのような動きで1点先取。や、スパイクが同じだから、リプレイ観るまでセザーだと勘違いしてました。後半は楽しかった!4−0で快勝!ついに首位ですよ!
リーグ戦序盤は頭の上に雨雲が常にかかっているような気分で試合を観ていましたが、ついに晴れました。願わくばこのまま昇格できますように。

最近、そーたんに梶山の変態性が憑依してきてる気配を感じます。ありえない動きの変なターンとか、3人引きずってのグニャグニャしたドリブルとか。いいぞもっとやれ。
posted by alek at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

鳥取戦

お帰りルーコン!
お久しぶり長友!には(ネタで)ブーイングするのかと思いきや、皆さん素直に大喜びでちょっと意外でした。

試合は久々に完勝と言ってもいい内容で(前半はスコアレスだったけど)、いい気分で家路につけました。花火も観られたし。
それにしても、今季序盤の、ロングボール多用でパスを繋ごうとすれば意志の疎通が全然無くて、観ていて悲しくなってくるサッカーは一体何だったんでしょうか。
今は城福サッカー+機能するセットプレー(ここが大熊さん?)、という印象。
MOMは高橋くん(いつの間にか「ヒデト」で定着してた)。インターセプトも何本も決まってたし、なんといってもゴールが素晴らしかったです。で、裏MVPが梶山。ヨネといい高橋くんといい、もしかして梶山は相方を育てる才能に長けてるのでは・・・。

posted by alek at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

新装開店

3月に引っ越した時にCATVに加入したのですが、それ以来海外ドラマにすっかりはまってまして、勢いで別ブログを立ち上げてしまいました。というわけで、今後は映画、ドラマ、それから本の感想についてはそちらで書くことにします。ここはサッカー関連と日記がメイン。
過疎ってるブロガーが新ブログを立ち上げても今時誰も読んでくれないような気もしますが、観たもの読んだものは吐き出したい人なので。よろしければ。

Elephant Days
posted by alek at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

CLとEL

いまさらですが、CLとELの決勝戦を観たのでメモ。

*CL(FCバルセロナ3−1マンチェスター・ユナイテッド)
同点になったときはわくわくしましたが、終わってみればバルサの圧勝。確かにバルサはすごいけど、ここまで強いと正直面白くない・・・。普段バルサの試合を観ていないだけに、あまりのハイレベルぶりに唖然としたのも事実ですが。来シーズン、バルサに土をつけるクラブは出てくるのかな。
マンUの、ダラダラした試合運びでもなぜか最後には勝っている底力に期待したんだけどなー。ファンデルサールはおつかれさまでした。

*EL(FCポルト1−0スポルティング・ブラガ)
イケメン監督対決ポルトガル対決はポルトに軍配。フッキ丸くなったねえ。
攻撃的なポルトと守備的なブラガの対戦、ということでしたが、ポルトは守備も良かった。ポルトはクリーンかつわかりやすいサッカーで、観ていて楽しかったです。来期のCLでの活躍を期待しております。
posted by alek at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

チェコ戦

数年ぶりに代表戦を観てきました。チェコよりメインのチケットとったつもりだったのに、着席してみたらホーム側だったというアホっぷりでしたが(・・・・)。久しぶりにライトな代表サポの人たちに囲まれて観戦したけど、みんな素直に代表を応援しているし、野次も無いし呪詛も自虐ツッコミもないし、心洗われる環境でしたよ。ライトな東京ファンではあるものの、さすがに10年近く観てきているといろいろと毒されているのだなあと分かったというか。ははは。

試合ですが、代表を観に行っても今野の出来が気になって、結局コンちゃんばっかり目で追ってしまう自分に苦笑してしまいました。結果、いつものコンちゃんでした。
あと長友と遠藤。東京の選手以外はあまり知らないので勘違いだといいんだけど、遠藤(と長谷部)の後継者問題って深刻なんじゃないかと不安になる。
話題の3−4−3は機能云々以前にそのポジションに適した選手を呼ばないとダメなんじゃないかな、ということと、そもそも連携ができてなかったなという印象。ゴール前で合わないのは、3−4−3がどうの、てことじゃないでしょう。
チェコは徹底した中盤省略サッカーで、ロシツキーいないとこうなっちゃうの?と悲しくなってしまいましたが、仕方ないのかなあ・・・。ラファタ、フェニン、カドレツ息子と好きな選手が観られたのである意味満足ですが。
それにしてもチェフは素晴らしかったです。すごすぎて笑ってしまうレベル。身体が逆向いててもDFで視界が遮られててもセーブするんだもん。どうすりゃいいのよという。
posted by alek at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(J・代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。