2011年04月09日

刑事ジョン・ルーサー

1話を見逃してしまったのですが、残りは全部観たので感想。ゆるいですがネタバレ含みます






解決方法が法スレスレで感心できなかったりだとか、主人公が暴力的で利己的(に見える)で感情移入できなかったりだとか、各キャラクター描写が弱い結果、ストーリーに無理が発生したりとかで、事件発生→解決、のプロセス自体はすごくよくできていて面白いのにツッコミどころ満載のおもしろ猟奇ミステリーになってしまっていました。それでもキャストの熱演でツッコミ指数がかなり薄まってたけど。特に4話の犯人と奥さんが出色。外見的には本当にどこにでもいそうな平凡な夫婦で、妙な生々しさがありました。
たぶん、人の脆さや二面性といったところがテーマなんだろうけど、それ自体が一人のキャラクターの中で分断されて表現されているので視聴者としては納得し難かったです。ルーサーは暴力的だけど、一方で知的で繊細で優しい、というのはわかるんだけど、マドセンの件とかどう考えても悪質すぎて好感は持てないし。ルーサーが有能な刑事に見えればまだいいんだけど、事件は確かに解決してるんだけど、被害者が多すぎてそこもイマイチ。イギリスドラマらしいといえばそうなんだけど。アリスは「不思議ちゃん殺人鬼」なのに、いつのまにかルーサーの自己都合でなあなあになってるし。もっと嫌がれよ!
5話以降の予想の斜め上すぎる展開は好きでした。刑事ものかと思いきや・・・!!ルーサーの周囲の人たちがみんな不幸になっていくので、ますます主役に対する好感度が下がっていくんだけど。いいのかそれで。



posted by alek at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

ぼちぼち

メモ。

CATVに加入したのでぼちぼち海外ドラマを観ています。
いろいろお試しで観てみましたが、継続しているのは「Dr.HOUSE」と「CHUCK」くらい。「メンタリスト」は先日ヒマつぶしに観たら予想外に面白かったので真面目に視聴予定。サイモン・ベイカーの分かりやすい美形ぶりとカリフォルニアの明るい景色に心を和ませてもらっています。作中では人殺しばっかり起きてるけどな!
「フリンジ」と「刑事ジョン・ルーサー」は二大ツッコミ待ちドラマとして大いに楽しんでいたのですが、どちらも今週でS1終了なので寂しいです。「フリンジ」はビショップ親子がかわいい。
4月からはライフオンマーズの再放送とウォーキングデッド、それとMAD DOGとBBC版ヴァランダーが放映決定(WOWOW観れないので)と観たいものがたくさんありすぎ。モファット先生の「ジキル」もチェックしないとね!Sherlockはいつ放送になるのかなあ・・・。
posted by alek at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷の家

ダニエル・クレイグ主演のミネット・ウォルターズ作品のBBCドラマ版です。AXNミステリーで。お正月に放映されたときもチラ見したのですが、今回改めてちゃんと鑑賞。原作は既読。

キャストは微妙に原作のイメージとは違っていたのですが、それを除けばお話自体はほぼ原作に忠実で満足できる内容でした。発端はある最低男なのだけど、それよりも怖いのは田舎の閉鎖性ですよ!というお話。
ダニエル・クレイグは「なぜか警官になってしまった元文学青年」という風には見えなかったけど、ヒモ青二才的な繊細さはよく出させていました。なんつーか、仔犬的なかわいらしさがあるんですよねこの人。
posted by alek at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

高慢と偏見

ニュースを見過ぎて気持ちを落ち込ませ過ぎてもよくないそうなので、気分転換に。15年以上前のBBCドラマです。本放送時、大人気で街から人が消えたとかなんとか。ダーシー役はコリン・ファース。断片的にしか観たことがなかったので、今回初めてフル鑑賞。面白かった!オススメです。

伝統的な美しい英国の田園風景だとか豪勢なお屋敷の映像に、質素だけどかわいらしいレースやフリルの衣装や美術+オースティンの恋愛小説の傑作が原作というわけで、そちら方面の英国好きさんにはたまらない内容なのですが、要は少女小説(まんが)の源流なお話なので、なんかもう、申し訳ないけどあまりのコテコテ展開にところどころ爆笑しながら観てしまいました。「初対面は最悪→誤解(偏見)→誤解がとける→恋愛に発展→大団円」と、今までに何回このテンプレを見て(読んで)きたことでしょう。お約束が嫌いな人がいて?
あ、原作と映画版(キーラ・ナイトレイの)では特に疑問に思わなかったのだけど、ベネット家の両親はなんで結婚したのか謎でした。選択肢無かったのか・・・。
コリン・ファースのダーシーは文句なしに素敵。顔だけなら特に美形ではないのだけど、立ち姿がきれいなのと、正装がよくお似合いなので目を引きます。不自然に鍛えすぎてないところもいいんですよね。そりゃーあれだけ上から目線でムカつく態度とられても、ハンサムすぎて視界に入っちゃうだろう。しかもその正体はただのツンデレ不器用(笑)。そりゃキュンキュンきちゃいますよねーですよねー。



posted by alek at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

ドクター・フー SeriesU

主役がクリストファー・エクルストンからデイヴィッド・テナントに交代してのSeriesUです。実際はSeriesTのラスト(クリスマス特番だった)の話から新ドクターに交代しております。
序盤の軽いノリには「あ、あたしの渋くてクールなおじさまドクターを返して・・・!!」という気分になりましたが、全部観終わった頃には10th.のキュートさにくらくらする羽目に陥っていました。ははははははは!!
10thドクターはスーツ+コートの組み合わせこそ同じだけど、インナーのシャツやネクタイ、それに髪型も毎回違っていて、おまけにパジャマから宇宙服までコスプ・・・着替えまくりだし恋愛要素も多めだしで、9thの頃に比べるといかにドクターが格好良いか素敵かということに重点が置かれた話が増えており、毎回同じ服で地味に事件を解決していた9thとは全く印象が異なっています。そこまでして主役交代を強調しなくても・・・と序盤は考えていたけど、次第にデイヴィッドにいろんなものを着せたり恋愛ものをやらせたりしたかっただけのような気がしてきました。私が脚本家だったら間違いなくするね!
デイヴィッド・テナントはドクター役で女性ファンが急増したそうですが(=番組の女性視聴者ももちろん増加)、美形というほどでもないけど隣の兄ちゃんというには上品で格好良く、そのくせ人懐こい雰囲気があって人気も納得。
シリーズとしてはファミリー向けというよりはティーン向けにシフトしたかなと。設定的に納得できないので恋愛は不要なんだけど、10thドクターの間はずーっと引っ張り続けるみたいですね。それ以外は好きなんだけどなあ。正直に言えば、ローズの中の人が違っていれば8割ほどは納得度が上昇しそうな気もしますが(ごめん・・・)。お話としては、ヒューゴー賞獲得の「暖炉の少女」とロンドン五輪、狼男の話が好き。
そうそう、SeriesUにはジャックが出ないのが残念でした。Vで再登場するそうなので、続き放送して!どこでもいいから!

おまけ。イギリス人アニメーター氏作成動画。歴代ドクターがターディスから出てくるだけですが、かわいいので貼る。

Doctor Who Regeneration



posted by alek at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。