2008年06月14日

グループC第二節(EURO2008)

フランスとイタリアには悪いけど、がぜん面白くなってまいりました!
オランダ強えぇー。次節どのくらいルーマニアが粘れるかが見ものです。

*ルーマニア-イタリア
今回のイタリアは運も無いので、途中から同情的な気分で観ていました。ブッフォン不憫。
と言いつつ、がんばってたのはルーマニアの方かな。ムトゥはPK決めてりゃヒーローだったのにね。
どん引きで来るかと思いきや、要所要所での積極的なカウンターが効いていました。後半息切れ気味でしたが。
MOMはルーマニアのGKロボンツさんで。今大会はGKが目立つ機会が多いような。
ルーマニアの負傷退場した選手に鶴。

*オランダ-フランス
フランスにとって悲しい試合。点差はGKの差でもあったけど、それ以上にチームとして機能しているか否かの差でもありました。あと采配も・・・。
オランダの速くてきれいなサッカーは観ててほんとに面白かった!
あのサッカーをルーマニアがどうやって迎え撃つのかとても楽しみです。


posted by alek at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

イタリア-オランダ(EURO2008)

観ましたメモ。

オランダには今まであまりいいイメージがなかったのですが、この試合では流れるような速いパスワークに高い決定力と、観てスッキリできる素晴らしい展開。反対にイタリアはどうしちゃったの、って内容でした。結果的にスナイデルの才能を見せ付ける試合になってしまいましたか。ブッフォンは気の毒でした。
オランダは11人いるんだけど、イタリアは9人でやってるようなイメージ。誰かが特にダメという印象もないんだけど(トニは決めてほしかったけどな)、何かが足りないという印象。
まあでも、フラットな視点で観ている分には予想外の展開で楽しみが増えたわけです。フランスとルーマニアも分けたしね。
さて、本日の結果やいかに。
posted by alek at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

スイス-チェコ(EURO2008)

今朝観たイタリア-オランダの興奮冷めやらぬところですが、順番に書きますよ、ということで開幕戦のこちらから。

えー、イタリア-オランダを観てしまうと、明らかにスピードが遅く、つまんない試合だったと言うしかないわけですが(汗)、まあ、実力差を差し引いても開幕戦なんてこんなものなのかもしれません。
W杯のドイツ-コスタリカも微妙な内容だったし。
スイスはチェコに比べれば攻撃を志向していましたけど、残念そこはチェフ大先生だ、てなわけで、フレイの不幸な負傷退場もあり、報われないまま終了。スイスのGKもキレていましたが(ヴォルフスブルクのGKなんだ!)、わずか一つの失点に泣くこととなりました。
チェコは、コラーさんの落としを拾う人が見事なまでにいないし、宇宙開発しまくりだし、守備ではチェフ大忙しだわで、ホスト国相手だしドローで上出来というところでしたが、一瞬の隙をついた得点を挙げ、残り時間は全員守備を徹底させて勝利しました。
前回ギリシャが優勝したように、この戦術/内容を根性で続けていたら、案外決勝まで行けたりして。
プラシルは波のある選手なんですか。
報われない上下動を繰り返していたシオンコを、ポルトガル戦では誰かフォローしてあげてください・・・・。

代表初得点!

「スヴェルコス」で検索してくる人がたくさんいらっしゃいます(ちなみに、「平山 ハット」で検索してくる人も同じくらいいます)。
開幕戦で今大会初&自身の代表初ゴールを決め、少し話題になっているようですね。
約半年後には25歳だし、ニューヒーローってわけでは無いけれど。
ただまあ、数年前にボルシアMGの公式フォーラムで、「無駄に走り回ってる仔犬」などとファンに言われてた人が、こんな大きい大会で得点したという事実には感慨深いものがあります。スパルタ戦、スイス戦と大事な試合で続けて得点したので、今度こそ完全復活を遂げたってことでいいかしら。
実は、コラーさんと交代で入った時は、守備要員だと思ってましたごめんなさい。ベンチにいるとき露骨に緊張していたので、信用もしてませんでしたすみません。

大きい画面で久しぶりにスヴィエルコシュが観られたのでうれしかったです。顔に何もかも出るあたり、何も変わってないな(笑)。足も速かった。シュートは格段に上手くなってたけど。
ゴール後のパフォーマンス(画像参照)はやっぱり亡くなった息子さんに向けてのものでした。
こういう表現でもいいのかわからないけれど、このゴールが長い回り道を終わらせるきっかけとなりますように。







posted by alek at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

盛り上がってまいりました(EURO2008)

W杯ドイツ大会の時同様、EURO2008のキャンペーンソングを集めてみました。
こういうのって、耳になじみやすいポップスであることがほとんどなので、だいたいどこの国でも似たような曲になっちゃうんですけどね。

まずは開催国オーストリア公式。大会公式ソングであって、オーストリア代表応援ということではないようです。OFB公式でいぢられるイングランド哀れ。



スイス代表サポーターソング。
PVが全くサッカーと関係ないのは、数年前の曲だから。でもチアガールの衣裳がかわいいので許す。



変わったところでは、代表監督自ら作詞作曲演奏(=ご本人在籍のバンド)のクロアチア。詳細はクロアチア・サッカーニュースさんに載っています(歌詞対訳つき)。ビリッチ監督は多才な方ですね。



UEFA公式ソングはエンリケ・イグレシアスの"Can You Hear Me?"なんですが、ご本人のPVよりポルトガル代表のプロモの方が出来がよいです。
C.ロナウド出現でどうしても笑っちゃうんだけど。

ドイツ代表サポーターソングはPVがおかしい。バンドメンバーで(たぶん)1974年W杯西ドイツ代表のコスプレをやっています。こういうお遊びができるのは羨ましい。
ヴォーカルの人(A・フリードリヒ似)のブライトナーのズラが適当すぎるw

↓は兼業ラッパー?な兄ちゃんコンビ作成のドイツ応援非公式ソング。
身内だけで作られたと思しきユルいPVが味があって良いです。
ツィーゲが特別出演しています(嘘)。



トルコあたりは期待を裏切らない独特の(映像も含めて)出来栄えなんですが、キリがないのでこのへんで。
ようつべをうろうろしてみて改めて思いましたが、やっぱりイングランド出てないとつまんないね・・・・。
posted by alek at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

マンU-チェルシー(CL決勝)

終わったら夜が明けていました。

チェルシー粘ったのになあ。2回もポストに当てたり絶好のチャンスで外したりして不安もあったけど(押してて点が入らないチームって、負けることが多いと思う)、チェフも当たってたし、なんといってもC・ロナウドがPK外してくれたりして、あともう少しで優勝に手が届きそうだったんですけどね。
でもテリーだけは誰も責められないでしょう。
主審も不安定だったし、なんだか後味が悪い終わり方でした。
バラックはこれでまた2位かー。しかも今季は2位2冠なのね。一度くらいは大きい大会で優勝させてあげたいなあ。と、ファンが言ってもどうしようもないんですけど。
それにしてもことごとく2位に縁がある人だ・・・。

というわけで、07/08シーズンのCLはマンチェスターユナイテッドが優勝しました。リーグとの2冠です。
たまにしかプレミアリーグを観ない人ですが(それを言うならブンデスなんかほぼ皆無だし)、今季のユナイテッドは本当に強かったと思います。
攻撃陣が取り上げられることが多いけど、堅守ぶりの方が印象に残りました。
ちなみにUEFA杯はゼニトが優勝。
BMGに好意を抱いている人々の共通の敵であるアドフォカートが優勝監督になったのは大いに不満ですが(しつこくて申し訳ないけど、まだ恨んでます。ハインケスよかマシだけど)、久々にロシア勢が優勝したのは、「いつものアレ」がつまらん人としては大いに愉快であります。
優勝候補と目されるクラブがどんどん消えていって、今季のUEFA杯はなんだか変でした。それとも欧州戦国時代なのかしら。それはないか。

posted by alek at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。