2007年02月23日

「ツィーレク君冒険物語」

チェコセンター(広尾のチェコ大使館併設)へ、フランチシェク・スカーラ「ツィーレク君冒険物語」展を観に行ってきました。
スカーラという人はまったく知らなかったのですが、「写真まんが」というのが面白そうだったのです。

えー、予想とぜんぜん違っていました。
TVアニメをまんがの単行本のようにして売ってるのがありますが、ああいう感じ。まあ、考えてみればそりゃそうなんですけどね。
一コマ一コマが写真で構成されていて、ふきだしにセリフが入っているわけです。
キャラクターは粘土製の人形で、衣装は植物などをアレンジしたものが使われています。実際に野外で撮影したみたいだけど、セットも一部使われてるかな?
ネットでスカーラさんの経歴をざっと見て、アナーキーなものを想像していたのですが、王道なファンタジーでした。ちょっと暗いところもいかにも中・東欧圏の物語だし。
ところで、リーダが怖すぎてショックを受けたのは私だけでしょうか。文化の違いを感じましたよ・・・・。
展示ではお話が途中で終わっているのですが、出版物が置いてあるテーブルの上に英語版のスチールブックみたいなのがあったので続きはそちらで確認。
全体的にジブリっぽいと感じました。宮崎駿がヨーロッパの影響を受けてるんだろうけどさ。

最近チェコアニメが継続して人気があるので、これが展示物として選ばれたのでしょうが、スカーラさん自体は色々と手広くやっているマルチな方のようなので、もちょっと規模を大きくして、全体像が見える展覧会が開かれないかなあ、と期待。今回のは様子見とみております。

せっかく広尾まで来たので、何か買い物するなりお茶でもして帰るかな、とウロウロしていたら東京フロインドリーブを発見したので、あれこれと買いこんで帰宅。
パンも良かったけど、一番美味しかったのはアップルパイ。パイ生地がサクサクで美味。
甘さ控えめの大人の味でした。
posted by alek at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館、博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。