2010年08月14日

最近観た映画

視聴メモ。

アメリカを売った男


実話もの。長年ロシアのスパイをやってたFBI捜査官を内偵して逮捕するまでのお話。地味だけど掘り出し物的な良作。俳優陣の静かな熱演もいいです。特にクリス・クーパーが気持ち悪くて素晴らしい。ライアン・フィリップっていつ観てもかけだしのひよっこみたいな役なんだけど、いったい何歳なんだろう・・・。

サン・ジャックへの道


遺産相続のために、父親の遺言でフランスからスペインの聖地サンティアゴ(サン・ジャック)までの巡礼をすることになった仲の悪い中年3兄弟と、同行する巡礼者の皆さんのお話。(序盤を除けば)ちょっといい話系のコメディ。クリスチャンではありませんが、この巡礼コースに興味があるので観てみました・・・・が、私には絶対歩きとおせないことが判明。ハードすぎる。景色は最高なんだけどなあ!
間に入るイメージ映像が個人的には不要だったことを除けば、おおむね満足です。
posted by alek at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

最近観た映画

録画していた米国製アニメ3本のメモ。

アイス・エイジ1&2


「3」にサイモン・ペグが出ているのですが、前作を1本も観ていないのでそれだけ観るのはなあ・・・と躊躇していたらTVでやってくれました。
「1」は映像がイベント盛りだくさんで楽しい。これぞ劇場用。ドードーとか意外とギャグが黒くてびっくり。
お話は、良く言えば起承転結がはっきりしていて分かりやすいんだけど、悪く言えば「イベントをひとつずつこなしていっている」だけで、訴えるものが無かったなあと。あと、これは私が日本人だからなのか、それとも個人的な趣味の問題なのかわかりませんが、致命的にキャラクターがかわいくなかったです。悪い意味で、ビジュアル的にも性格的にもリアルすぎる。
サイモンのために「3」観るんだろうなあ・・・。
サイモンといえば、ナルニア3でネズミのリーピチープの声を担当するそうです。ナルニア1本も観てないよ!原作は1作目で挫折したよ!うう・・・・ナルニア前作もTVでやってくれないかな・・・(汗)。

トイ・ストーリー2


こちらは「3」が絶賛公開中ですが、「2」を観てなかったので以下略。
オタク魂と普遍性のバランスを完璧に理解していて、こども向けのファミリー映画なんだけど大人に目くばせすることも忘れてないし、そこがまたいやらしくないしで、もちろん映像の美しさは半端ないしで、ほんとに良くできた映画でした。これで日本語版の吹き替えも完璧だったら言うこと無かったんだけど。せっかくのSWネタがだいなしでしたよ・・・。
posted by alek at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

最近観た映画・その2

下の続き。
無意識に共通点のある映画を連続して借りてきてしまうことがあり、今回も少年主人公2作を続けて観るはめになりました。ちなみにどっちも年上のお姉さんを好きになる。何この共通点・・・・。

ウェディング・ベルを鳴らせ!


風刺も皮肉も良く言えば控えめで悪く言えば中途半端なコメディです。

死期が近いと勘違いした祖父から街からお嫁さんを見つけて来いと言われた少年が、あの手この手で一目ぼれしたきれいなお姉さんにアタックするお話。もちろんそれだけではないのだけど、クストリッツァ作品にしては珍しく話が一本道で、「それだけ」と言ってしまえるお話でもあります。
個人的にはものたりなかったかな。クストリッツァ作品は出てくる人たちが無闇にエネルギッシュで、やたら破壊的で破滅的で、それでも大地に根付いて力強く生きているところが魅力なんだけど、今回はほんとにライトなんですよね。小品が作りたかったのかなあ。

THIS IS ENGLAND

80年代初頭を舞台にした、英国労働者階級少年成長もの。
いろいろと辛くて切ないけど、当時の社会と主人公の少年の成長を絡めて丹念に描いているところが出色。と、偉そうに書いていますが、フォークランド紛争だとかスキンヘッズだとかよく知らないので勉強になりました。後日談のミニシリーズ(TV)を現在撮影中?みたいです。あらすじを読むに、また辛い話になるっぽい。観たいような観たくないような。
posted by alek at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

最近観た映画

DVDを大量レンタルしたので感想メモその1。

バンク・ジョブ


掘り出し物、というほどマイナーではない作品ですが、期待以上でした。キャストが良かったのもあるかも。ほぼおっさんばっかりですが。ジェイソン・ステイサムを初めて観ましたが、意外と(失礼)いい役者。その辺のおじさんにしてはちょっといい男、というたたずまいがしょぼい犯罪歴のある中古車販売会社の社長で、という役にぴったり。ポアロでおなじみデヴィッド・スーシェも悪役で出てましたが、全然気が付きませんでした。ポアロの頭ってズラなのね。

シケた元チンピラの皆さんが国家警察マフィアを相手に渡り合うお話です。少々物理的に痛い場面はあるものの、ラストは痛快だし後味すっきりでした。オススメ。

ウォンテッド



*ネタバレがあります

負け犬街道まっしぐらな青年を美女が迎えにきて・・・という「マトリックス」路線のガンアクション映画です。
ベクマンベトフ監督の出世作「ナイト・ウォッチ」同様にダラダラと長すぎるけどなんとなく憎めない映画。自己陶酔を感じないからかな。好きなものを全部つぎこんだら冗満になってしまったとでもいうか。でもオススメとは言い難いです。あと、序盤の時点で、オチが分かってしまったところは減点。だって、どう見てもMr.Xよりトーマス・クレッチマンの方がジェームズ・マカヴォイに似てるじゃん!!
無茶苦茶な設定は原作(グラフィックノヴェル)通りなのかしら。

キャストは豪華で、これってアンジェリーナ・ジョリー姐を拝む映画なのでしょうが、個人的には老けていたことがショックでそういう気分にはなれませんでした。マカヴォイ君が小柄で童顔だから余計そう見えたのかもしれないけど。
posted by alek at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

コララインとボタンの魔女 3D

公式サイト

六本木で字幕上映をやっているというので、出かけてきました。3Dは初めて。映像にはすんなり入れたのですが、メガネが重くて辛かったです。あれこれ試行錯誤していて、冒頭15分位は映画に集中できませんでした。できれば2Dで観直したい。
「トイ・ストーリー3」と「アリス・イン・ワンダーランド」の予告編も3Dだったんですが、「アリス」の映像の粒子が粗いのが気になりました。

「コラライン」ですが、基本的なお話は児童書の王道でした。悪い魔女に冒険、宝探し。怖がるこどももいると聞いてたけど、そうでもないかな?というのが直後の印象だったけど、「目がボタン」とか「帰ってきたら両親が行方不明」とか、ビジュアル的にもお話的にも小さい子には怖すぎるか。前に座ってた父娘も、お父さんはところどころで笑ってたけど、娘ちゃん固まってたぽかったし。
お話は王道なんだけど、地下の老女優コンビとその愛犬達とか、妙にギャグが黒かったので、ある意味大人の方が楽しめるかもしれません。

映像はストップモーションアニメとは思えないほど滑らかで、髪の乱れや枝の揺れ具合、めくりあがる壁紙など信じがたいほど自然でした。もはや執念。CGも使ってたけど、これも自然。どうやってるんだろう。

劇中で披露されるパパの歌がThey Might Be Giantsだったので、貼ってみる。↓は違う曲で、元素を楽しく覚えようの歌です。中学校の教材にすればいいのに。

Meet the Elements - They Might Be Giants
posted by alek at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。