2010年10月09日

最近観た映画

アイアンマン


世界的な兵器メーカーの社長がテロ組織に誘拐されて改心。「もう兵器作らない。世界平和のために一人自警団はじめます!」
も、問題の解決の仕方もお金の使い方も間違ってるよ社長!!
天才発明家でやりたい放題の社長を周囲が生温かく見守る、おっさんアイドル映画でした。RDJは「シャーロック・ホームズ」よりも、こちらのがハマってました。いざというときは愛されオーラを全開するもんだから、周囲がついうっかり許してしまう、という中年のおっさんとしてはありえないキャラクター設定に説得力があるのは、RDJのかわいらしさがあってこそだし。グウィネス・パルトローがあまり好きではないので躊躇していましたが、観て納得。RDJがいちばんかわいくないといけない映画なので、美女が出るわけにはいかないのですね!(ごめん・・・)
「2」もそこそこ面白いらしいので、そのうち観てみます。

第9地区


ドキュメンタリー形式の映像とそうでないものがごっちゃになってるとか、前半と後半で違う話になってるとか、人によってはダメ出しの主要なポイントになるところもあるんですが、個人的には傑作。必見です(ただし人体破壊とエビ型宇宙人が平気な人に限る)。
主人公のヴィカスが小役人なんだけど一方では愛妻家の平凡な男で、それが事件に巻き込まれるうちに徐々にヒーローに・・・なるわけでもない、というのが嘘くさくなくていいです。いや、ヒーローにはなるんだけど、「世界を救う」とかそういうことではないのがいいのね。
南アの実際のスラムで撮った映像のリアルさはセットでは無理なもので、これだけでも価値があるんじゃないでしょうか(10年後にはスラムがなくなってると思いたいし・・・)。あと、エグいビジュアルなのに小エビがかわいいのと、「知的だが弱気で平和主義な宇宙人」という設定が斬新でした。
アパルトヘイト批判を露骨に伺わせる社会派SF的な側面も持ちつつも、中学生魂を熱くさせるアクションあり、奥さんとの純愛に加えて「エビ」のクリストファーとの男の友情的なものもあり、ラストは不意打ちにリリカルな終わり方と、個人的な好みを言えばほぼ満点です。
posted by alek at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

最近観た映画

中学生男子的な映画ばかり立て続けに観ました。今回ネタバレを含んでいますのでご注意ください。

バイオハザードIII



TVで。つまらないとは言わないけど途中で飽きるので、家でダラダラ観るのに適している映画。ミラ様はお美しいですが、超能力ゲット時点で死なないのが決定してしまうので、ホラー映画としての怖さが無くなっちゃうんですよね。クレア達のかかわり方も中途半端だし、あれじゃカルロス無駄死にすぎる。
文句言ってるけど、TVでWを放映したらまた観ると思います。ミラ目当てで。

スタートレック


シリーズのファンではないので「よくあるハリウッドの大作映画」として観ました。本シリーズからの分岐した過去としたのは上手いけど、本人達が出会うのはSF設定的に問題ないのだろうか・・・。
良くできているけれど、続編観たいか?というと、サイモン・ペグのファンだから観るけど・・・というところ。サイモン、出番ちょびっとで残念でした。痩せてて格好良かったけど。
キャラクターものとして、カークとウフーラに魅力を感じられなかったのが評価の下がるところです。この映画に関してはスポックがどう考えても主人公ポジションだし、一番かわいいのはチェコフだし(笑)。ウフーラは「知的で魅力的な女性」という立ち位置なんでしょうけど、ミニスカートの制服はレトロな特撮テイストの名残として良しとしても、スポックとの恋愛は無い方が良かったのじゃないかしら。あれのおかげで知的というよりは委員長的な印象に変わっちゃうのですね。








posted by alek at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ミスト



二度と使えないオチも含めて傑作だと思いますが、あまりにも底意地の悪い終わり方をするので人には勧められない映画。あと、生きていく中で辛かったり苦しかったりすることがあるだろうけど、宗教にすがることだけは止めようと固く心に誓いました。宗教おばさん怖すぎ。
霧の中から襲ってくる謎の化け物のために、否応なくスーパーに閉じ込められた人々。そして時間の経過とともに歪んでいく人間関係。ここまではよくあるホラー映画なのですが、冒頭で書いたようにラストが型破り。というか掟破り。全ての人に対して「平等」であり、だからこそ残酷かつ斬新な終わり方をします。劇場で観たら、あまりのことに口が曲がってたかもしれない。
posted by alek at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

最近観た映画

シャーロック・ホームズ


主役二人については原作の一部を誇張して作り上げており、こういう解釈もありかと。ワトスン君が作中一のハイスペックキャラに変貌していたのにはちょっとびっくりしましたが、個人的には格好良かったので無問題。ジュード・ロウって、「リプリー」でも男二人と女一人の三角関係でヒドい目にあう役だったなあ(暴言)。
ミステリーではなくアクション映画なので、ホームズものとしては微妙。グラナダ版育ちですから!(犬はほとんど観てない)
ガチャガチャした画面と相性が悪く、目が疲れました。でも美術と衣装は良かった。ブラックウッド卿のレザーコートとワトスンのダークブルーのスーツがお気に入り。お話は、続編観てもいいかなと思う程度には面白かったです。

スターダスト



冒険の旅に出る主人公の青年がドジっ子なのが新しい王道ファンタジー。おまけに、何か成し遂げたかというと、故郷にちゃんと帰ってきたくらいでほぼ何もしていない・・・。こんなに主役がどうでもいいファンタジー作品は珍しいんじゃないでしょうか。でも、脇役がなぜか豪華キャストで魅力的だし、映像もきれいだしお話自体はハッピーエンドだしで、いい作品です。ちょっと長いけど、おとぎ話的な優しいものが観たい人にはオススメです。
主人公の父親の若い頃が、主人公よりもかなり美形な俳優だったので謎すぎて調べたら、ベン・バーンズでした。有名になる前らしいけど、輝いてたよ!

いつもなぜかどこかが被る作品を同時にレンタルしてしまうのですが、今回はマーク・ストロング祭でした。ちなみに自分の「観たいリスト」の中の多くの映画でこの人が悪役張ってるので、当分お付き合いする予定(笑)。
posted by alek at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

アドベンチャーランドへようこそ



DVDスルーが勿体ない映画。キャストもそれぞれぴったり。「トワイライト」シリーズで有名なクリステン・スチュワートは写真よりも動いてる方がきれいですね。ビル・ヘイダーは出てくるだけでおかしい。Paul楽しみ!

1987年に時代設定された、監督の半自伝的な作品です。夏休みのちょっとした青春ものですが、過去を懐かしむようなものでもありがちな甘酸っぱい感じでもなく、淡々と当時のモテない文科系男子のひと夏が描かれます。
青臭さを笑うようなコメディなのかと思いきや、目線がとても温かいので若干のやっちゃった感はあるものの痛々しさはありません。つまり、観やすい・・・のだけど、過去の恥ずかしいあれやこれやを思い出して画面が直視できなかったり苦笑いを浮かべてしまう人もいそう。私も学生時代の友人を思い出してしまいました(80年代はまだ大学生じゃなかったけど)。
ところで、欧米では文科系男子が好きな女の子に「僕の作ったミックステープ」を渡すのが定番なんですかね?日本人でもこういうことをする人はいるだろうけど、邦画で観たことないなあ。

posted by alek at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。