2009年01月19日

円高につられてみた

たまに話題にしているポルトガルのミュージシャンDavid Fonsecaさんですが、なんとアマゾンでCD売ってたので買ってみました。
3rdから米国進出したため、日本アマゾンでも入手可能となったようです。でも購入したのはユーロ盤。
曲はご本人も認めているように、全体的に80年代ぽい。ロキシーミュージックとか。どっかで聴いたことがあるようなラインが1曲中に必ずあります。歌詞は内的に前向きというか。暗くはないけど。

David Fonseca - Superstars (Live at Antena 3)


ラジオ番組用のライヴをファンが撮ったもの。口笛うまい。そこかい↑
なんだかんだ言って、こういう哀調を帯びた曲が好きなんだよな<自分 あと、声が好き。
変なTシャツ・・・・

期間限定でHUMANOSというバンドにも参加していたそうです↓

HUMANOS - MARIA ALBERTINA


↑ではお笑い担当ですが、実際には何曲か歌っています。どうでもいいけど、この人とかモウリーニョあたりがポルトガルの正統派な男前なんですかね。
ちなみに↑で歌っているのはファディスタのCAMANÉ氏です。


もひとつ。
こちらもたまに話題にしているアルゼンチンのエレポップバンド、Miranda!のベスト盤を買ってみました。新曲2曲+ミックス1曲がウリだったのだけど、ほとんど2枚目からのセレクトだわミックスが大したことないわで個人的にお得感が無く、少しがっかり(確認しろよ)。1枚目とカヴァーアルバムを持ってないので買ったんですが、1枚目はあまりヒットしなかったので少なめなんだろうな・・・。
初期の曲は初めて聴いたのですが、よりフロア寄り(とでも言えばいいのか)かつプリンスの影響が濃すぎて、曲は良いけどそんなに売れ無かったというのに納得してしまいました。超ポップな2枚目はとにかく大ヒットしたそうで、よく化けたなあというか吹っ切れたなあと改めて感心した次第。
期待される中出した3枚目も無事ヒット曲が出て成功したそうで、いちばん売れたのがこの曲だとか↓

Miranda! - Perfecta


歌詞はスペイン語が分からんので不明ですが、この異様なノリのPVが受けただけなんじゃないかという気がしなくもない。牛乳の缶で自分を殴る場面がシュールすぎ。








posted by alek at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

Tehillim/The Desert Music



地味に集めているAlarm Will Sound参加アルバムのひとつ。これはOssiaという学生アンサンブルとの共演というか、Ossiaの方がメインぽいスティーヴ・ライヒ作品集。
まだあと一枚持ってないんですが、そっちもスティーヴ・ライヒなので、自動的にライヒ作品が増える模様。好きだからいいけど。
過去に遡って音源を聴いているからだろうけど、ソリッドさが少し物足りない。どピンクのジャケットは刺激的なのに。そこじゃないか。

posted by alek at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

各種取り揃えてござい

世界の音楽をyoutubeで探してみようシリーズ(またの名を他力本願エントリ)、クリスマス編をやってみました。世界と言いつつクリスマスなので自動的に偏っております。

まずは以前も紹介したアルゼンチンのエレポップバンド、ミランダ!です。navidadとはスペイン語でクリスマスのこと。こどものプレゼントの開け方が豪快すぎる。

Miranda! - Navidad


こんなノリで各国クリスマスソング集をやりたかったのですが、検索の仕方がマズいようでうまく探せませんでした。というわけで、あっさり路線変更。

押尾コータロー-Last Christmas


オリジナルはWham!ですね。
押尾版は「ギター超うまい!」というアホのような感想。歌詞(失恋の歌)が無い分、曲の美しさに集中できるのも良し。
youtubeに山ほどカヴァーが上がっているので、「ラストクリスマス聴き比べ」も考えたけど、自分が飽きそうなので却下。

Wonderful Christmas Time (NRK Lydverket)


ノルウェーのTV局NRKの音楽番組Lydverket選出の「2008年度最優秀アルバム」上位3人によるカヴァーらしいです(注:google翻訳)。
メンバーはAne Brun(女性)、Thom Hell(男性ヴォーカル)、 Lindstrøm(キーボードとミックス?)。 Aneはノルウェーとスウェーデンでとても人気があるようです。ややハスキーな独特の声と寂しい雰囲気の曲がいいのかな。Thomはビートルズ好きなんでしょうという感じ。Lindstrømはクラブ系(最近ジャンルが細分化されすぎててわかりません・・・・・)の人ですが、myspaceで視聴した限りでは、よく眠れそうな曲でした・・・。
オリジナルはポール・マッカトニー。「ラストクリスマス」より古い曲なのにPVに極端な古さを感じないのは、ポールがあまり変わってないからでしょうか。そりゃ歳はとったけど。

"Little Drummer Boy", David Bowie and Bing Crosby


歌だけ聴きたい方は1:45からどうぞ。
デヴィッド・ボウイがところどころで研ナオコに見える・・・。

Destiny's Child - Rudolph The Red-Nosed Reindeer


デスチャによる「赤鼻のトナカイ」。赤鼻のトナカイに名前があるなんて知りませんでした。
マライア・キャリーの似たようなの(「サンタが街にやってくる」版)も観たけど、企画ものなんでしょうか。

David Fonseca sings "Amazing Grace"


アメイジンググレイスは賛美歌だというのも今回初めて知りました(・・・・・)。
最後はポルトガルのシンガーソングライターDavid Fonsecaです。この人も以前ちらっと紹介したことがあります。
毎年ファンへ向けてクリスマスソングを公開しているようで(おととしはLittle Drummer Boy)、これは去年のだったりします。今年もそろそろかな?手作り感のあるほのぼの動画。
この人のPV観るといつもポルトガルに行きたくなります。暖かそうだし・・・。

posted by alek at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

O.K. Next Time,

JCBホールで行われた、エミール・クストリッツァ&ノースモーキングオーケストラのコンサートに行ってきました。
お客さんは映画ファンぽい人と音楽好きぽい人が半々くらいで、年齢層高めでした。どうみても会場には社会人しかいなかったような。
当日券売ってたので、空いてるのかと思いきやほぼ満員。途中から熱気で湯気のような霧のようなものが・・・。

数年ぶりにコンサートに行ったので、ついていけるか不安だったのですが、開始と同時に立ち上がり最後までテンション上がりまくり、手拍子しまくり叫びまくりで、全然平気でした。そのときは。
今日は筋肉痛&寝不足で会社でフラフラしてました。。。
コンサート自体は大変素晴らしく、本当に素晴らしく、なんて一言で片づけるわけにはいかないくらい素敵な夜でした。ステージ上の人たちも客席の人たちもみんなニコニコしてて、「笑顔がいちばんだよね!」と、普段の自分を知ってる人からドン引きされそうなことを帰りの電車の中で強く思ったのでありました。

お客をステージに上げてみたり、しょっぱなから客席に降りて駆け回ったり、アクロバット奏法で盛り上げたり、サービス盛りだくさん。電飾ギターの意味不明ぶりも笑えたし。
2時間あっという間でした。
特にバイオリンの人の超絶技巧には感動。歌も無茶苦茶上手かったし、さすがホセ・カレーラス。そういえば、ベッカムが来ていましたね(笑)。

日本公演がたった一日だけだったなんてもったいなさすぎですよ。全国縦断してくれればなあ。また来てくれるかな。
と、早くも次回に期待してしまうくらい楽しかったのよ!



おじさん達はみんな最後までタフでした。
ネレが着てたのは旧ユーゴ代表のユニだったのかな。ユーロ気になるだろうに日本に来てくれてありがとう。
↑の動画のパーカッションの人がドラム叩いてたけど(この人もとてつもなく上手かった)、ストリボルはどうしちゃったんでしょうか。


posted by alek at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

100歩以上遅れて参加

iphone日本発売のご時世だというのに、今頃ipodを入手しました。
シャホーにするつもりだったけど、必要な機能がついていなかったのでipodnanoに。
とりあえず死蔵(でもないか)CDを聴くべくガシャガシャと放り込んでいます。
棚の手前にあるCDを10枚ごとにリスト化していくという、アポーの人が見たら失神しそうな勢いの超適当なプレイリストをいくつか作成してみました。
シャッフルして聴いてみたら、haushka「prepared piano」が中継ぎとしては最高であることが判明。あと電車の中で寝たいときとか、イライラしながら出先から戻ってる途中にかかると落ち着けます。
ビックカメラの店員から「ipodはヘビーユーザーが多いんですよ」と言われたんですけど、これだけ軽くて小さければ、そりゃどこにでも持ってきますよ!

勢いでlast.fmも登録してみました。finetuneが重いことが多くて足が遠のきがちだったので。
どちらにも長所短所があるけれど、いわゆる「洋楽ヒットチャート」(笑)が聴きたい場合はfinetuneの方がオススメです。last.fmは思うような選曲をしてくれないことがあるからなあ。
posted by alek at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。