2011年08月14日

Whisper Me Wishes

Kettelの2007年に出たアルバム。久々にタワレコで。
ピアノや弦楽器多めで、エレクトロニカというよりはコンテンポラリー寄りな印象。この人の曲は聴きやすいわりに甘すぎず、よく聴くと独特の複雑な変拍子(でいいのかな)や不協和音的な不思議な音の混ぜ方をしていて、何度聴いても新たな発見があるところが好きです。


posted by alek at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

Between Waves

なんとなく追いかけているポルトガルのdavid fonsecaさんの新譜(と言っても出たのずいぶん前ですが)、amazon.ukでCDが購入可になっていたので円高なこともあり、入手してしまいました。たぶんあと2年くらい待ったら日本でもIMSあたりで買えるようになるんだろうけど、いいの、待てないの。
わざわざマイナーなポルトガルの歌手の曲を聴かなくても・・・と思わなくもないけど、低くて艶のある声が好きなのですよ。新作はタイトル通り海がテーマになっているようで、どことなく夏らしく爽やかな雰囲気。
元々フォトグラファーだけあって映像にこだわりがあるらしく、最近はPVも自作なのですが、その中でもアコースティックライヴ系がいいです。歌上手いし。




posted by alek at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

[音楽]購入リスト

変弦自在


平沢らしく色々注釈はついてるけど、要するに過去作品の弦主体アレンジ盤。
初期ソロに関してはオリジナルの方が好きですが(今回のも悪くないけど)、トビラ島あたりは今回の方が好きです。

David Fonsecaの2nd."Our hearts will beat as one"がiTunesに入荷していたので購入。なぜか新譜は入らない日本iTunes。
声が好きなので買ってますが、1st.といい、露骨に「影響を受けた」ことがわかる曲が多いのはチト残念。2nd.は静かな曲が多いかな。



客席女子ばっか!しかも合唱!
Song to the Sirenはティム・バックリィのカヴァーだそうです。いろんな人がカヴァーしているので、聴き比べてみても楽しい。
posted by alek at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

[音楽]購入リスト

O


oval新譜。思うところもありましたが、試聴した限りでは悪くなさそうだったのと、あまりの絶賛評の多さにつられて購入。ピンクのジャケにしました。
ギター弾いてる!だけならまだしもドラムまで!しかもノイズほぼ皆無、というわけで以前のような、ノイズの中に漂う一瞬の美しいメロディ(の、ようなもの)を楽しんでいた人、またはあのノイズが良かった、という人にはつまんないのかもしれませんが、私のようなぬるいニカ好きにはちょうど良いアルバムでした。スタイルは変わったけど、ひとつひとつの音の粒が際立っているような、ovalらしさは失われてないし。
何度も観てるうちに、壁を向いてじっとしてる係の人がかわいそうになってきた↓

Oval - Ah! from Thrill Jockey Records on Vimeo.



David Fonseca"Sing Me Something New"がiTunesに入荷していたので購入。四枚全部入れてくださいお願いします。この人はバックボーンが露骨に分かりやすすぎるタイプなのですが、1st.だけに顕著なような。ロキシーミュージックとか好きらしい。
と言いつつも、以前このアルバムに入ってる曲のPVを貼ったことがあるので、今回はカヴァーをぺたり。ライヴ動画好きなので、時間があるときに探して観ています。これはラジオ出演時かな。後ろの人たちはバンドメンバーかと。元はガチャピン出演で以前ちょっと話題になったあの曲。PVとは全く違う、しみじみしたカヴァーとなっております。

"Read My Mind" (The Killers) - David Fonseca




posted by alek at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

[音楽]購入リスト


突弦変異



P−MODELのソロ風というか弦楽曲アレンジなアルバム。最近のファンの人にはP入門編としていいのではないかしら。
いいかげんリサイクル商法はなあ・・・と思いつつも、つい買ってしまうファンが通りますよ。お布施ですから!
GOES ON GHOSTはうれしかったです。あんまりライヴでもやってくれないけど好きな曲なのです。

Phases: A Nonesuch Retrospective



スティーヴ・ライヒのノンサッチ版5枚組ボックス。半分くらい他レーベルので持っていますが、お得感に負けて購入。聴きやすい曲が多いかな。
Disc3がお気に入り。Cello Counterpointが特に。躍動感があって。
posted by alek at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。