2012年01月24日

没後150年 歌川国芳展

昨夏に引き続き、今度は森アーツセンターギャラリーで開催中の歌川国芳展に行ってきました。自分が観たのは前期で、夏に観損ねた武者絵がたくさんあったので満足。久々に図録も購入しましたが、しっかりした解説もついていてこちらも良い出来でした。
日曜日だったので混んでて途中いくつかとばしちゃったけど、出てきたらもっとすごいことになっていました。昼前に入って正解でした。
国芳の絵はくすっと笑えるユーモアと、たとえ勇猛な戦の絵であっても明るさがあるのがいいですよね。あとは、なんといっても構成の上手さ。雷光の使い方が異常にかっこいい。まんがの集中線って江戸時代に発明されてたんだな・・・。
六本木の美術館にはいい印象が無かったんだけど、アーツセンターはいいじゃないですか。また面白そうな企画があったら行こう。

国芳展のあとは、お昼を食べた後(餃子美味かった)、そのままヒルズで「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を観てきました。別ブログに感想あげてますので、よろしければどうぞ→


posted by alek at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館、博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248289237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。