2011年07月26日

コパ・アメリカ アルゼンチン2011

時差の影響と女子W杯との同時期開催とであんまり観てないのですが、一応メモ。とはいえ、初めて関心を持って観た南米選手権でした。

ブラジルとアルゼンチンがいいとこなく準々決勝で敗退してしまうというまさかの事態で、優勝したのはウルグアイ。おめでとうございます!2位がパラグアイ、3位ペルーでした。
ウルグアイは優勝にふさわしいパフォーマンスでした。終盤になっても切れないスタミナとハードワーク、チームワークの良さ、鋭いカウンターと見ていて気持のよいチームでした。フォルランは三代続けてコパ優勝ってすごすぎる。サッカーの名家と言っていいよね。
決勝戦のパラグアイは監督が不在だったりしてマイナス材料が多く不憫でしたが、条件が揃っていたとしてもウルグアイの方が有利だったかな。GK当たってたし、FW陣も好調だったし(フォルランは得点こそ決勝まで無かったけど、それ以外は大活躍でした)。
パスサッカーの流れるような美しさも好きだけど、カウンターサッカーの分かりやすさも好きです。

あんまり観ていないわけですが、そんな中でのベストゲームは準々決勝でのアルゼンチン対ウルグアイ。メッシは代表ではなかなか輝けないけど、やっぱりボールを持つと怖かったです。とにかく全てが速すぎ。

posted by alek at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。