2011年07月20日

FIFA女子ワールドカップ ドイツ2011

優勝おめでとうございます!!日本代表が世界大会で優勝するのを観る日がこんなに早く来るとは思ってもみませんでした。うれしい!でも、女子代表は着実に力をつけてきていたし、「奇跡の」優勝、という扱いは違う、とも感じています。北京オリンピックは4位だったしね(ドイツやアメリカの方が実力は上だとは思うけど)。北京のときは、どうしようもないフィジカルの差に男子以上の厳しさを感じたのだけど、今回それが克服できていたというのが何よりも驚いたし、さらに優勝までしてしまうのだから、ほんとにみんな努力したんだな、と。なんども跳ね返されてもあきらめずにしたたかにつないでいくスタイルの試合運びは、なんだか毎試合ナビスコの決勝戦(川崎戦)を観ているようでした。
ベストゲームは決勝の米国戦だけど、流れるようなきれいなパスサッカーが楽しめたスウェーデン戦も良いエンターテインメントでした。
ボランチなのに得点王までとってしまった澤さんは文句なしの大活躍でしたが、正確なFK、CKにナメたPKを決めた宮間さんが俺的ベストプレイヤー。MXでなんどか観たことある(元)マリーゼの選手というわけで、勝手に親近感を抱いている丸山さんと鮫島さんも好き。東京サポ的には気になるマナちゃんは次大会でスターになってほしいです。
東京は女子チーム作らないみたいだけど、ユースだけでも持たないかな。関東近郊に応援できるクラブが無いんですよね・・・。

個人的には、実際に行ったことのあるスタジアムでの試合がいくつかあり、ちょっと懐かしい気持ちに。バイアレナはすっかり近代的な立派なスタジアムになってしまってたけど。あのこじんまり感がよかったのになあ。
posted by alek at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(J・代表) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215746728
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。