2011年07月03日

鳥取戦

お帰りルーコン!
お久しぶり長友!には(ネタで)ブーイングするのかと思いきや、皆さん素直に大喜びでちょっと意外でした。

試合は久々に完勝と言ってもいい内容で(前半はスコアレスだったけど)、いい気分で家路につけました。花火も観られたし。
それにしても、今季序盤の、ロングボール多用でパスを繋ごうとすれば意志の疎通が全然無くて、観ていて悲しくなってくるサッカーは一体何だったんでしょうか。
今は城福サッカー+機能するセットプレー(ここが大熊さん?)、という印象。
MOMは高橋くん(いつの間にか「ヒデト」で定着してた)。インターセプトも何本も決まってたし、なんといってもゴールが素晴らしかったです。で、裏MVPが梶山。ヨネといい高橋くんといい、もしかして梶山は相方を育てる才能に長けてるのでは・・・。

posted by alek at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213103887
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。