2011年06月15日

CLとEL

いまさらですが、CLとELの決勝戦を観たのでメモ。

*CL(FCバルセロナ3−1マンチェスター・ユナイテッド)
同点になったときはわくわくしましたが、終わってみればバルサの圧勝。確かにバルサはすごいけど、ここまで強いと正直面白くない・・・。普段バルサの試合を観ていないだけに、あまりのハイレベルぶりに唖然としたのも事実ですが。来シーズン、バルサに土をつけるクラブは出てくるのかな。
マンUの、ダラダラした試合運びでもなぜか最後には勝っている底力に期待したんだけどなー。ファンデルサールはおつかれさまでした。

*EL(FCポルト1−0スポルティング・ブラガ)
イケメン監督対決ポルトガル対決はポルトに軍配。フッキ丸くなったねえ。
攻撃的なポルトと守備的なブラガの対戦、ということでしたが、ポルトは守備も良かった。ポルトはクリーンかつわかりやすいサッカーで、観ていて楽しかったです。来期のCLでの活躍を期待しております。
posted by alek at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。