2011年04月30日

ルドandクルシ

メキシコの片田舎、バナナ農園で働きながらうだつのあがらない生活を送っていた兄弟、ベトとタトは偶然通りかかったサッカー・スカウトの目に留まり、プロ・サッカー選手として成功する。それぞれのプレースタイルから、“ルド”<=タフな乱暴者>と“クルシ”<=ダサい自惚れ屋> というあだ名をつけられ、スター選手として順風満帆の人生を手に入れるがその運は次第に下降線をたどり始め・・。
(amazonより引用)

出てる人にも作ってる人にもサッカー愛が感じられるよいサッカー映画でした。弟のチームは青赤だし。試合の場面も本物のサポを出動させたとしか思えない迫力の応援で、普段目にすることのないメキシコ国内リーグの模様が垣間見えるのが楽しい。

メキシコの、貧富の差だとか賄賂や賭博がまかり通っているサッカー界を描いているものの、ことさら深刻に描写しないこととボンクラ兄弟のせいでどうしても笑えてしまう作りになっています。ラストのPK対決は笑えない状況なのに、予想通りの結果で爆笑してしまったよ。
人生って笑えるけど苦しいこともあって、でも生きているのってそんなに悪くないよね、と思えるお話でした。



おまけ。
BBCで1958年「ミュンヘンの悲劇」からのマンUの復活を描いたドラマ"United"が放映されてるんですが、評判も上々だし最近お気に入りのデイヴィッド・テナント出演ということで観たいわけです。
英国フットボール映画は近作は概ね日本版が出ているのですが、ドラマってどうなんでしょう・・・。



posted by alek at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(映画、本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198587553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。