2011年04月06日

氷の家

ダニエル・クレイグ主演のミネット・ウォルターズ作品のBBCドラマ版です。AXNミステリーで。お正月に放映されたときもチラ見したのですが、今回改めてちゃんと鑑賞。原作は既読。

キャストは微妙に原作のイメージとは違っていたのですが、それを除けばお話自体はほぼ原作に忠実で満足できる内容でした。発端はある最低男なのだけど、それよりも怖いのは田舎の閉鎖性ですよ!というお話。
ダニエル・クレイグは「なぜか警官になってしまった元文学青年」という風には見えなかったけど、ヒモ青二才的な繊細さはよく出させていました。なんつーか、仔犬的なかわいらしさがあるんですよねこの人。
posted by alek at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。