2006年06月13日

チェコ−USA(W杯)

睡眠不足で会社でボケまくり。先は長いぞーしっかりしろ私!

チェコびいきなんですけど、米国にはボルシアMGのSGGKケラーさんがいる!というわけでイングランド−パラグアイ戦同様どっちつかずな気持ちで観ました。
結果はチェコの完勝。コラーさんの怪我を除けばほんと完璧。コラーさん大会中に戻ってこれるといいんだけど。
ベテランの多いチェコは最初からこんなに飛ばしてて対丈夫なの?とチト心配ではありますが、ガーナはよくわかんないしイタリアはまごうことなき強豪だし、取れるときに取っとく、ということなんでしょう。
ネドヴェドは宇宙人ですね。ありえないですよあのスタミナ。
ロシツキーの最初のゴールの時、叫んでしまいましたよ。リプレイでもギャーギャー叫んでしまいました。もうほんとすんませんお隣さん・・・。
いいなあアーセナル。フレブロシツキーアンリて。

米国はこんなに弱かったっけ?というくらいいいとこなかったですね。ドノバンはドイツ鬼門なのかな(ウワー
ケラーさんは失点はしたけど、反応はちゃんとしてるんだよね。でも防げないよね2点目とかね。まさか代表でもサンドバッグ状態になるとは思ってもみませんでした。次だ次!

posted by alek at 21:07| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

日本VSオーストラリア戦 【ドイツ・カイザースラウテルンのフリッツ・ワルター競技場】
Excerpt: 2006FIFAワールドカップ ドイツ大会 日本VSオーストラリア戦 【ドイツ・カイザースラウテルンのフリッツ・ワルター競技場】 2−1で日本が勝つと予想していたが、 結果3−1で負けてしま..
Weblog: MARINEと一緒にblogらりん
Tracked: 2006-06-13 22:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。