2010年09月23日

ミスト



二度と使えないオチも含めて傑作だと思いますが、あまりにも底意地の悪い終わり方をするので人には勧められない映画。あと、生きていく中で辛かったり苦しかったりすることがあるだろうけど、宗教にすがることだけは止めようと固く心に誓いました。宗教おばさん怖すぎ。
霧の中から襲ってくる謎の化け物のために、否応なくスーパーに閉じ込められた人々。そして時間の経過とともに歪んでいく人間関係。ここまではよくあるホラー映画なのですが、冒頭で書いたようにラストが型破り。というか掟破り。全ての人に対して「平等」であり、だからこそ残酷かつ斬新な終わり方をします。劇場で観たら、あまりのことに口が曲がってたかもしれない。
posted by alek at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163547137
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。