2010年09月21日

最近観た映画

シャーロック・ホームズ


主役二人については原作の一部を誇張して作り上げており、こういう解釈もありかと。ワトスン君が作中一のハイスペックキャラに変貌していたのにはちょっとびっくりしましたが、個人的には格好良かったので無問題。ジュード・ロウって、「リプリー」でも男二人と女一人の三角関係でヒドい目にあう役だったなあ(暴言)。
ミステリーではなくアクション映画なので、ホームズものとしては微妙。グラナダ版育ちですから!(犬はほとんど観てない)
ガチャガチャした画面と相性が悪く、目が疲れました。でも美術と衣装は良かった。ブラックウッド卿のレザーコートとワトスンのダークブルーのスーツがお気に入り。お話は、続編観てもいいかなと思う程度には面白かったです。

スターダスト



冒険の旅に出る主人公の青年がドジっ子なのが新しい王道ファンタジー。おまけに、何か成し遂げたかというと、故郷にちゃんと帰ってきたくらいでほぼ何もしていない・・・。こんなに主役がどうでもいいファンタジー作品は珍しいんじゃないでしょうか。でも、脇役がなぜか豪華キャストで魅力的だし、映像もきれいだしお話自体はハッピーエンドだしで、いい作品です。ちょっと長いけど、おとぎ話的な優しいものが観たい人にはオススメです。
主人公の父親の若い頃が、主人公よりもかなり美形な俳優だったので謎すぎて調べたら、ベン・バーンズでした。有名になる前らしいけど、輝いてたよ!

いつもなぜかどこかが被る作品を同時にレンタルしてしまうのですが、今回はマーク・ストロング祭でした。ちなみに自分の「観たいリスト」の中の多くの映画でこの人が悪役張ってるので、当分お付き合いする予定(笑)。
posted by alek at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163352395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。