2010年08月23日

納涼

谷中の全生庵というお寺で毎年8月だけ幽霊画を一般公開しているので、行ってきました。「三遊亭円朝コレクション」だそうですが、落語は詳しくないので・・・。
谷中は駅前(日暮里から行った)人力車が止まってたりして下町風を売出し中なのでしょうか。
お寺が多いだとか、史跡があるだとかサッパリ知らなかったので歩きながらぼちぼち寄り道。到着するまでに時間がかかってしまいました。

幽霊画はケースごしでもなく素で展示してあったのでちょっと驚きました・・・が、こんな機会滅多にないわ!というわけでじっくり見学してきました。明治時代の絵がメインだったと思うけど、西洋画と日本画の入り混じった状態というかおいしいとこどり的な絵が多かったです。顔は妙に立体的でくっきりとした西洋風なんだけど、服(着物)の透けるようなかすれるようなぼんやりとした色の入れ方は和風だったりとか。
しかし、幽霊画というのは圧倒的に白装束の髪の長い女性の絵が多いのですね。そんなもんか。

posted by alek at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館、博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。