2010年08月21日

アドベンチャーランドへようこそ



DVDスルーが勿体ない映画。キャストもそれぞれぴったり。「トワイライト」シリーズで有名なクリステン・スチュワートは写真よりも動いてる方がきれいですね。ビル・ヘイダーは出てくるだけでおかしい。Paul楽しみ!

1987年に時代設定された、監督の半自伝的な作品です。夏休みのちょっとした青春ものですが、過去を懐かしむようなものでもありがちな甘酸っぱい感じでもなく、淡々と当時のモテない文科系男子のひと夏が描かれます。
青臭さを笑うようなコメディなのかと思いきや、目線がとても温かいので若干のやっちゃった感はあるものの痛々しさはありません。つまり、観やすい・・・のだけど、過去の恥ずかしいあれやこれやを思い出して画面が直視できなかったり苦笑いを浮かべてしまう人もいそう。私も学生時代の友人を思い出してしまいました(80年代はまだ大学生じゃなかったけど)。
ところで、欧米では文科系男子が好きな女の子に「僕の作ったミックステープ」を渡すのが定番なんですかね?日本人でもこういうことをする人はいるだろうけど、邦画で観たことないなあ。

posted by alek at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160137416
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。