2010年06月02日

ヘルボーイ:百鬼夜行



ヘルボーイ新刊です。前作に引き続きダンカン・フィグレドがアート担当。
短編のゲストキャラが唐突に再登場!とかずっと出てきてた謎の団体の正体がようやく明らかになったり、とある意味意外すぎる展開。新シリーズになってから、過去のおさらいシリーズになってますかね。それにしても、どこまでが計画通りで、どこまでが思いつき・・・いや、なんでもないです。
フィグレドさんのアートも好きなんだけど、やっぱりミニョーラのカバー絵を見てしまうとゴニョゴニョ。でもあと1シリーズはこの人だそうで。
デル・トロ監督が「ホビット」降板だそうですが、ミニョーラはどうするんでしょう。もう仕事終わってるのかなあ。そろそろコミックの方に帰ってきてくれないかしら。

posted by alek at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151937624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。