2010年04月14日

鹿島戦

ここ最近、次節直前に慌ててメモってる状況ですが、今回も同じく。

ここのところ同じようなことばかり書いているけれど、負けなかったのを良しとするか勝てなかったことを悪しとするかで、評価が全然違うわけです。こんなブログをやっているわりに、「点入ったー!!勝ったー!!ワーイ!!負けたー!!ガックリー!!はい次!!」という単純なファンだし、基本的にはネガティヴにはならない(書かない)ようにしているけれど、「負けなかったからまあいいか」だと、これ以上の上積みがないようでだんだんしんどくなってきました。ただ、ヨネ梶がいない、ハイパーな反則級外国人FWもいない中では、上出来とも思うんですよね・・・・。今は、この「できるだけ小失点で負けないスタイル」が半年後に結果として表れてくる、と信じるしかないですな。

と、グダグダ書いてきましたが、鹿島戦は前線からプレスをびしびしかけるいつもと違うサッカーだったのでした(笑)。後半疲れて間延びしてしまったけれど、失点しなかったし、ほんとに我慢強くなったと思います。ボランチコンビは安定してきましたね!
ゴンちゃんは完封に執着しているようで、それは良いことだけど、あまり気負わないでほしいなあと。でも弾く場所はもちょっと考えて・・・。脳震とうは大事に至らなかったようで何よりです。

posted by alek at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146509003
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。