2010年04月07日

最近観た映画

DVDを大量レンタルしたので感想メモその1。

バンク・ジョブ


掘り出し物、というほどマイナーではない作品ですが、期待以上でした。キャストが良かったのもあるかも。ほぼおっさんばっかりですが。ジェイソン・ステイサムを初めて観ましたが、意外と(失礼)いい役者。その辺のおじさんにしてはちょっといい男、というたたずまいがしょぼい犯罪歴のある中古車販売会社の社長で、という役にぴったり。ポアロでおなじみデヴィッド・スーシェも悪役で出てましたが、全然気が付きませんでした。ポアロの頭ってズラなのね。

シケた元チンピラの皆さんが国家警察マフィアを相手に渡り合うお話です。少々物理的に痛い場面はあるものの、ラストは痛快だし後味すっきりでした。オススメ。

ウォンテッド



*ネタバレがあります

負け犬街道まっしぐらな青年を美女が迎えにきて・・・という「マトリックス」路線のガンアクション映画です。
ベクマンベトフ監督の出世作「ナイト・ウォッチ」同様にダラダラと長すぎるけどなんとなく憎めない映画。自己陶酔を感じないからかな。好きなものを全部つぎこんだら冗満になってしまったとでもいうか。でもオススメとは言い難いです。あと、序盤の時点で、オチが分かってしまったところは減点。だって、どう見てもMr.Xよりトーマス・クレッチマンの方がジェームズ・マカヴォイに似てるじゃん!!
無茶苦茶な設定は原作(グラフィックノヴェル)通りなのかしら。

キャストは豪華で、これってアンジェリーナ・ジョリー姐を拝む映画なのでしょうが、個人的には老けていたことがショックでそういう気分にはなれませんでした。マカヴォイ君が小柄で童顔だから余計そう見えたのかもしれないけど。
posted by alek at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145907453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。