2009年07月20日

大宮戦

アウェイ大宮戦は、スタジアムへの道筋に商店街や神社の境内があって独特だし、ナクスタ自体もピッチが近くて見やすいしで、とても楽しみにしていました。が、隣の人のガタイが良すぎてピッチが1/3くらい見えず、試合そのものは微妙に楽しめないまま終わってしまうというむなしい結果に。勝ったからいいですけども。録画もしておいたし。

水曜日に試合が無かった大宮の方が断然有利だから、引き分けでも御の字かな、とあまり期待は抱かずにいたのですが、なぜか大宮もぱっとせず終わってみれば0:3の完封勝利。あ、あの、「強い」って言ってもいいですか、これは。もしかして。東京は初っ端からお疲れモードでパスミス連発だわ息が合わないわで、今日はやっぱり厳しいなあと考えながら観ていたのだけど、後半ロスタイムにダメ押しの追加点を入れての完封勝ちをするなんて思いもしませんでした。
MOMは平山。練習で強いシュートを何本も決めていたので、勝手に「今日は平山の日」と決定していたのですが、本当にそうなりました。カボレは膝が悪そうだけど、平山が二人分働いて帳消しにしていますね。


サカマガのナオ記事の栗澤コメント、よく見てるなあと感心。今はよそ(柏)にいるからこそ、客観的に見えているものもあるのかもしれないけど、このクリの冷静さはやっぱり東京において貴重なんじゃないかと。今季は出ちゃったけど、クリの安定したつなぎのうまさと運動量は東京に必要だと思うんですよ。来年帰ってきてほしいなあ。
posted by alek at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。