2010年10月10日

ハムナプトラ3



TV鑑賞。冒頭3分でダメ映画だと予想したけど(説明長すぎ)、ダラダラと家で観る分にはそんなに悪くなかったです。でももう一度観るかといえば・・・。
そもそも、ジェット・リーとアンソニー・ウォン兄貴のコンビが、ブレンダン・フレイザー一家に負けるとは思えないしなあ。ウォン兄貴の美人副官の方がヒロインのリンよりも好みだったりとか、レイチェル・ワイズの華やかさがないと寂しいだとか、キャストに対する残念感もありました。いかにも続編をにおわせるような終わり方をしたけれど、やるんならキャストは一新した方がいいじゃないかしら。
個人的には、このシリーズの魅力って「バカップルがキャッキャしながら事件を解決するアクションアドヴェンチャー」という珍しい設定にあったので、それが無くなった「3」には魅力を感じなくて当然なのかもしれません。


ところで、最近はまるで映画感想ブログのようですが、一応メインはサッカーです。最近ロクに観に行けてませんが・・・。
posted by alek at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

最近観た映画

アイアンマン


世界的な兵器メーカーの社長がテロ組織に誘拐されて改心。「もう兵器作らない。世界平和のために一人自警団はじめます!」
も、問題の解決の仕方もお金の使い方も間違ってるよ社長!!
天才発明家でやりたい放題の社長を周囲が生温かく見守る、おっさんアイドル映画でした。RDJは「シャーロック・ホームズ」よりも、こちらのがハマってました。いざというときは愛されオーラを全開するもんだから、周囲がついうっかり許してしまう、という中年のおっさんとしてはありえないキャラクター設定に説得力があるのは、RDJのかわいらしさがあってこそだし。グウィネス・パルトローがあまり好きではないので躊躇していましたが、観て納得。RDJがいちばんかわいくないといけない映画なので、美女が出るわけにはいかないのですね!(ごめん・・・)
「2」もそこそこ面白いらしいので、そのうち観てみます。

第9地区


ドキュメンタリー形式の映像とそうでないものがごっちゃになってるとか、前半と後半で違う話になってるとか、人によってはダメ出しの主要なポイントになるところもあるんですが、個人的には傑作。必見です(ただし人体破壊とエビ型宇宙人が平気な人に限る)。
主人公のヴィカスが小役人なんだけど一方では愛妻家の平凡な男で、それが事件に巻き込まれるうちに徐々にヒーローに・・・なるわけでもない、というのが嘘くさくなくていいです。いや、ヒーローにはなるんだけど、「世界を救う」とかそういうことではないのがいいのね。
南アの実際のスラムで撮った映像のリアルさはセットでは無理なもので、これだけでも価値があるんじゃないでしょうか(10年後にはスラムがなくなってると思いたいし・・・)。あと、エグいビジュアルなのに小エビがかわいいのと、「知的だが弱気で平和主義な宇宙人」という設定が斬新でした。
アパルトヘイト批判を露骨に伺わせる社会派SF的な側面も持ちつつも、中学生魂を熱くさせるアクションあり、奥さんとの純愛に加えて「エビ」のクリストファーとの男の友情的なものもあり、ラストは不意打ちにリリカルな終わり方と、個人的な好みを言えばほぼ満点です。
posted by alek at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

湘南戦

久しぶりに東京観てきました。
試合前に、持ってきたパックのお茶のストロー落として飲めなくなるというマヌケな事態になったのですが、「これで厄を落としたから今日は東京が勝つわ!」と信じることにしたらほんとに勝ちました(3−0)。たまにはゲン担ぎ(ちょっと違う)もいいね。

思うところはあるけれど、完封で勝ったし降格圏脱出したし、つば九郎以下ヤクルトのマスコットの皆さんがかわいかったのでまあいいや。でもまだ、安全圏ではないので油断は禁物ですね。
ナオゴールでわーっと客席が盛り上がったので、しみじみとナオの人気を実感しました。去年を彷彿とさせる思い切りのいいシュートだったし、ああいうのまた観たいよ!



遅ればせながら監督交代のこと。
城福さんには感謝の気持ちしかありません。なんせ二回も優勝させてくれた人だし。ただ、交代については仕方ないかなと。すごく真面目な人柄が裏目に出てしまったのだろうけど、硬直してしまっていたよね。またいつか監督してほしいです。そのためにも残留しないと。
日韓W杯以降のにわかなので、第一期大熊時代は知らないのです。今日初めて観たけど、現実的な残留するためのサッカーをしているという印象。余裕があれば多少は違うのでしょう。厳しい状況で監督を引き受けてくれたからには、もちろん応援します。それは、状況がどうのとかは関係ないか。
posted by alek at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院めぐり

8月の中旬頃からやたらと病院に行っていました。半分くらいは検査で、結果としてどれも大したことなかったのですが、一年分の病院通いをまとめてやった感があるので当分行きたくないです。眼科の定期健診があるので、年末にまた行くの決定なんですけどね!
胃カメラ初めて飲みました。いろんな人に脅かされたので眠っている間に検査してもらう方を選択。麻酔って身体に入って数秒で効くものなんですね。歯科の部分麻酔で経験済のはずなのに、全身だと感覚が違いました。時間の経過した感覚が無いからなあ。
先日検査結果を聞きに行ってきましたが、自分の内臓の写真を見ながら話をするのはたいへんシュールでありました。「おみやげ☆」と称して写真のプリントもいただきました。記念品なのだろうか・・・。

そういや、会社でインフルエンザの予防接種のメールが来てたなあ。当分病院行きたくないので受けた方がいいかしら(矛盾)。
posted by alek at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。