2010年08月23日

くたばれ!ユナイテッド



久しぶりのサッカー映画です。ユナイテッドとはマンチェスターでもニューカッスルでもなく、リーズ・ユナイテッドのこと。後に伝説的な名監督となるブライアン・クラフが当時(70年代)の強豪リーズの監督に就任し、わずか44日間で解任されるまでのお話です。
イングランドサッカーは好きだけど詳しいわけでもなく、過去のこともよく知らないですし、映画も野心ある若手監督クラフの成功と失敗について視聴者にそのまんま提供しているだけなのでいまいち盛り上がりに欠けるのですが、丁寧ではあるのでサッカー好きならそこそこ楽しめるのではないでしょうか。キャスト良いし。マイケル・シーンかわいいし(笑)。プロを目指していたこともあったそうで、サッカー上手くて違和感なく観られるのもいい。
クラフにはピーター・テイラーという相棒(コーチ)がいて、お話としてはテイラーとの友情がメインなのですが、テイラーの才能については描かれているのにクラフの才能についてはいまいち分かりにくかったのが映画としてはどうもなあ、というところ。

サッカー映画としては、現在と比べるとフィジカル全開というかほとんど格闘技のような試合の様子やのんびりしたファンとの交流風景等を楽しむことができます。おまけの特典映像が充実していて、当時のリーズの選手や年季のいったファンのインタビューもあります。正直なところ、サッカー好きとしては本編よりもこっちのが面白かったし、これだけでも見る価値あり。
posted by alek at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(映画、本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納涼

谷中の全生庵というお寺で毎年8月だけ幽霊画を一般公開しているので、行ってきました。「三遊亭円朝コレクション」だそうですが、落語は詳しくないので・・・。
谷中は駅前(日暮里から行った)人力車が止まってたりして下町風を売出し中なのでしょうか。
お寺が多いだとか、史跡があるだとかサッパリ知らなかったので歩きながらぼちぼち寄り道。到着するまでに時間がかかってしまいました。

幽霊画はケースごしでもなく素で展示してあったのでちょっと驚きました・・・が、こんな機会滅多にないわ!というわけでじっくり見学してきました。明治時代の絵がメインだったと思うけど、西洋画と日本画の入り混じった状態というかおいしいとこどり的な絵が多かったです。顔は妙に立体的でくっきりとした西洋風なんだけど、服(着物)の透けるようなかすれるようなぼんやりとした色の入れ方は和風だったりとか。
しかし、幽霊画というのは圧倒的に白装束の髪の長い女性の絵が多いのですね。そんなもんか。

posted by alek at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館、博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。