2010年08月23日

くたばれ!ユナイテッド



久しぶりのサッカー映画です。ユナイテッドとはマンチェスターでもニューカッスルでもなく、リーズ・ユナイテッドのこと。後に伝説的な名監督となるブライアン・クラフが当時(70年代)の強豪リーズの監督に就任し、わずか44日間で解任されるまでのお話です。
イングランドサッカーは好きだけど詳しいわけでもなく、過去のこともよく知らないですし、映画も野心ある若手監督クラフの成功と失敗について視聴者にそのまんま提供しているだけなのでいまいち盛り上がりに欠けるのですが、丁寧ではあるのでサッカー好きならそこそこ楽しめるのではないでしょうか。キャスト良いし。マイケル・シーンかわいいし(笑)。プロを目指していたこともあったそうで、サッカー上手くて違和感なく観られるのもいい。
クラフにはピーター・テイラーという相棒(コーチ)がいて、お話としてはテイラーとの友情がメインなのですが、テイラーの才能については描かれているのにクラフの才能についてはいまいち分かりにくかったのが映画としてはどうもなあ、というところ。

サッカー映画としては、現在と比べるとフィジカル全開というかほとんど格闘技のような試合の様子やのんびりしたファンとの交流風景等を楽しむことができます。おまけの特典映像が充実していて、当時のリーズの選手や年季のいったファンのインタビューもあります。正直なところ、サッカー好きとしては本編よりもこっちのが面白かったし、これだけでも見る価値あり。
posted by alek at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(映画、本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納涼

谷中の全生庵というお寺で毎年8月だけ幽霊画を一般公開しているので、行ってきました。「三遊亭円朝コレクション」だそうですが、落語は詳しくないので・・・。
谷中は駅前(日暮里から行った)人力車が止まってたりして下町風を売出し中なのでしょうか。
お寺が多いだとか、史跡があるだとかサッパリ知らなかったので歩きながらぼちぼち寄り道。到着するまでに時間がかかってしまいました。

幽霊画はケースごしでもなく素で展示してあったのでちょっと驚きました・・・が、こんな機会滅多にないわ!というわけでじっくり見学してきました。明治時代の絵がメインだったと思うけど、西洋画と日本画の入り混じった状態というかおいしいとこどり的な絵が多かったです。顔は妙に立体的でくっきりとした西洋風なんだけど、服(着物)の透けるようなかすれるようなぼんやりとした色の入れ方は和風だったりとか。
しかし、幽霊画というのは圧倒的に白装束の髪の長い女性の絵が多いのですね。そんなもんか。

posted by alek at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館、博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

アドベンチャーランドへようこそ



DVDスルーが勿体ない映画。キャストもそれぞれぴったり。「トワイライト」シリーズで有名なクリステン・スチュワートは写真よりも動いてる方がきれいですね。ビル・ヘイダーは出てくるだけでおかしい。Paul楽しみ!

1987年に時代設定された、監督の半自伝的な作品です。夏休みのちょっとした青春ものですが、過去を懐かしむようなものでもありがちな甘酸っぱい感じでもなく、淡々と当時のモテない文科系男子のひと夏が描かれます。
青臭さを笑うようなコメディなのかと思いきや、目線がとても温かいので若干のやっちゃった感はあるものの痛々しさはありません。つまり、観やすい・・・のだけど、過去の恥ずかしいあれやこれやを思い出して画面が直視できなかったり苦笑いを浮かべてしまう人もいそう。私も学生時代の友人を思い出してしまいました(80年代はまだ大学生じゃなかったけど)。
ところで、欧米では文科系男子が好きな女の子に「僕の作ったミックステープ」を渡すのが定番なんですかね?日本人でもこういうことをする人はいるだろうけど、邦画で観たことないなあ。

posted by alek at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

C大阪戦

下にも書いたけど、暑さの余り気分が悪くなって前半で退散したので全部観てません。
失点に関しては、練習の段階では権田は悪くなかったんですけどね・・・。
森重の退場は、2枚目は厳しいところもあったけど(かなり大げさに倒れたし)、でも押したのは事実だからね。最近代表に推す記事を見かけるけど、こんなに退場されるとちょっと同意しかねます。もちろん、負けたのは森重だけが悪いからではないけど。
ここ数試合で気になるのは、「チーム今野」になっていること。東京は「チーム梶山」でないと。
とりあえず、みんな元のポジションでプレーしたらいいじゃないかな・・・・。主に徳永。マツとヨネが早く帰ってくればいいのになあ。無いものねだりを言っても仕方ないけど・・・。

閑話休題。キンチョウスタジアムのこと。メインのアウェイより(南側)で観ました。巨大な長居スタジアムと阪和線にはさまれたこじんまりとしたところでした。「小さいフクアリ」という印象。でも椅子は国立仕様。
わかりにくいけど、バクスタの裏を電車が走っているところ↓

真正面に列車が!

アウェイG裏はこんな感じ。これはハーフタイム中↓ 雨の日は悲惨なことになりそう・・・。

キンチョウの夏(同案多数)



posted by alek at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FC東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱風日記(煽られただけ)

年に一度の遠方アウェイ旅、てなわけで大阪、京都に一泊二日してきました。ざっくりと振り返ってみます。

まずは北浜・五感 へ。大正建築のサロンでおいしいケーキが食べられるというので、いそいそと出かけてきました。
ケーキの写真が逆光でうまく撮れなかったのが心残り。建物は真ん中が吹き抜けになっていて天井が高くて素敵。ケーキは甘さ控えめ。コーヒーが苦めで良いアクセントになっていました。文庫本でも持って行って、のんびり過ごしたいタイプのお店。人気店だそうなので、実際には難しそうですが。
すぐそばに明治建築の北浜レトロという英国風ティーサロンもあるんですが、こちらは後で写真だけ撮りに行きました。このあたりは古い建物が多くて建築好きとしてはウハウハでした。道すがら大阪証券取引所とか、中央公会堂も撮る。このあたりは再開発?できれいに整備されていて、快適散歩コース。季節のいいときに来たかったです。
今思えば、元気だったのはここまででした・・・。

快晴!あつ〜

旧中之島公会堂

心斎橋に移動して、コムデギャルソンSixでデヴィッド・リンチ展。絵がちょっとと短編。短編を見終わらないうちに時間になったので、試合に移動。リンチはあいかわらず。
試合はまた別に書きますが、具合が悪くなってしまったので前半で退散しました。何しに行ったんじゃ私!!

翌日。
なんだか復活できたような気がしたので、チェックアウトして京都へ。ホテルの近くに適塾があったので外観だけ見学。
京都は伏見稲荷に行きました。

鳥居がたくさん

キリッ

途中まで登ったところで、自信が無くなってきたので諦めて下山。分かってたから朝早めに出たのですが、やっぱ無理でした。暑すぎる・・・。京都駅へ移動。
伊勢丹の都路里に行ってみたら行列だったので諦め、しかし急速に気分が悪くなってきていたので(暑さにやられたらしい)、結局その辺のカフェでお昼にしました。せっかく京都に来たんだし・・・と抹茶ミルクを頼んだら嫌がらせのように甘かった。うう。幸い空いていたので一時間ほどまったりしたら具合が良くなった・・・とはいえ、もう外に出る勇気が無かったので伊勢丹の美術館へ。「世界の絵本作家展V 絵本の世界へ旅しよう」を観てきました。酒井駒子さんは意外とアグレッシブな絵描きさんなんだということを知る。日本の作家さんはみんな繊細。レオ・レオニはおしゃれ。「どろんこハリー」が好き。
そうこうしているうちに時間になったので、お土産買って帰宅。自分土産にお漬物購入。うまー。

おまけの京都タワー。

駅からパチリ

それにしても、東京も暑いですが京都の暑さには参りました。ナメてました大反省。
大阪はそこまで暑いと思わなかったんだけど、試合は熱風がキツくてダメでした。国立や味スタは真夏でも夜は涼しくなったりしますもんねえ。まあ、味スタは都心からは離れてるけど・・・(汗)。




posted by alek at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。